アフターケアまでちゃんとやろう!ピーリングをした後も気を抜けません!

肌のことを思っているならケアをツルツルできれいだった肌のキメが乱れたり、くすんで透明感のない肌になってしまう原因が、肌にしつこく残っている古びた角質です。肌の生まれ変わりの邪魔をしている角質を、フルーツ酸などの成分が入った石鹸やジェルなどでピーリングをすれば、肌が元々持っている新陳代謝の力を再び引き出すことができるようになりますよ。ターンオーバーが活性化して正しく28日周期で繰り返されるようになれ…

続きを読む

アフターケアまでちゃんとやろう!ピーリングをした後も気を抜けません!

肌のことを思っているならケアを

ツルツルできれいだった肌のキメが乱れたり、くすんで透明感のない肌になってしまう原因が、肌にしつこく残っている古びた角質です。肌の生まれ変わりの邪魔をしている角質を、フルーツ酸などの成分が入った石鹸やジェルなどでピーリングをすれば、肌が元々持っている新陳代謝の力を再び引き出すことができるようになりますよ。ターンオーバーが活性化して正しく28日周期で繰り返されるようになれば、様々な肌悩みや老化の解決のきっかけにもなるでしょう。ピーリングをする時の注意点として、毎日やらないで間隔を置いてやるようにということはよく言われていますよね。ターンオーバーの周期が短くなりすぎると、肌にとってはマイナスの面が大きいからです。もう一つ気を配っておきたいのが、ピーリング後の乾燥した肌に行うことになるアフターケアなんですよ。

アフターケアとお化粧で知っておきたいこと

ピーリング後の肌に余計な負担を与えないようにするために、保湿をするための化粧品のチョイスには気を付けたいですね。特に美容皮膚科で効果が大きいケミカルピーリングを受けた後は、お化粧や洗顔の仕方にも注意を払いましょう。刺激に敏感になっているということは、いつもよりも紫外線のダメージも受けやすいということです。美容皮膚科からの帰宅時や昼間にピーリングをする場合に日差しが気になる場合は、日焼け止めを使っておいた方がいいかも。日焼け止めの紫外線散乱剤というと、肌にはあまりよくないという印象が強いですが、ミネラルファンデーションの成分としても多用されている酸化チタンなら大丈夫です。

ピーリングは、それを行うことによって毛穴の汚れやニキビ跡を落とし、お肌を綺麗にする事ができます。それには種類があり、美容外科等の外部で行うものもあれば、自宅で簡単手軽に出来るものもあります。