ニキビの無い綺麗な肌を保ちたい!衛生管理を徹底して美肌を守ろう!

ニキビと肌の汚れの関係ニキビは毛穴の炎症を指しますが、毛穴は内部に汚れが詰まることで腫れや痛みが生じます。皮脂や垢、空気中の埃などの汚れが毛穴に入り込んで詰まることがニキビの発症に繋がるので、肌の汚れを取り除いて清潔に保つのが美肌の状態を維持するための重要な条件です。特に皮脂の分泌量が多い若年層の人はニキビが発症しやすいことから、こまめに体を洗って清潔にする必要があります。ニキビが出来てしまった場…

続きを読む

ニキビの無い綺麗な肌を保ちたい!衛生管理を徹底して美肌を守ろう!

ニキビと肌の汚れの関係

ニキビは毛穴の炎症を指しますが、毛穴は内部に汚れが詰まることで腫れや痛みが生じます。皮脂や垢、空気中の埃などの汚れが毛穴に入り込んで詰まることがニキビの発症に繋がるので、肌の汚れを取り除いて清潔に保つのが美肌の状態を維持するための重要な条件です。特に皮脂の分泌量が多い若年層の人はニキビが発症しやすいことから、こまめに体を洗って清潔にする必要があります。ニキビが出来てしまった場合は決して自分で毟り取ることはせず、皮膚病の専門医が常駐する病院で治療を受けることが大切です。ニキビを傷つけると肌に深い傷跡が残ってしまい、見栄えが悪くなります。また、傷口に細菌が入り込んで不潔な膿が分泌されてしまうので、綺麗な肌を保つためには素人作業のニキビ除去は避けるのが賢明です。

肌に優しいニキビ治療の受け方

ニキビ治療を病院で受ける際は肌への刺激が少ない方法を選ぶことを心がけます。肌は刺激を受け続けると角質化や色素沈着などの弊害に見舞われるので、ニキビ治療の際は同じ場所に繰り返し刺激が生じないように注意することが大切です。そのため、美肌の維持に配慮出来る医師の下で治療を受けるのがトラブルの無い仕上がりにする条件になります。

ニキビ治療は同じ方法でもニキビの大きさや肌質によって効果に差が生じます。特に複数のニキビが出来ている部分は刺激を緩和させながら治療を行う必要があるので、効果が出るまで時間がかかりやすい傾向があります。綺麗な肌にするためには根気強く治療を続け、肌を清潔に保つのが患者に求められる姿勢です。

気になるニキビですが、潰してしまうとあとが残ってしまいます。薬で直したり専門医へ相談すると良いでしょう。