電子機器には要注意!!

何かと便利な電子機器は、私たちの生活に必要不可欠なものになってきています。ですが、スマートホンやパソコン・タブレットなどの普及と共に、肩こりに悩む人が増えているのも事実です。これは、電子機器を使う際の、姿勢や筋肉の硬直が原因のようです。多くの場合、電子機器を使う際には首を下に向けたり、首を少し前に突き出すような姿勢で、首から肩にかけて筋肉の緊張が起こります。また、ディスプレイを見ている時の目は通常…

続きを読む

電子機器には要注意!!

何かと便利な電子機器は、私たちの生活に必要不可欠なものになってきています。ですが、スマートホンやパソコン・タブレットなどの普及と共に、肩こりに悩む人が増えているのも事実です。これは、電子機器を使う際の、姿勢や筋肉の硬直が原因のようです。多くの場合、電子機器を使う際には首を下に向けたり、首を少し前に突き出すような姿勢で、首から肩にかけて筋肉の緊張が起こります。また、ディスプレイを見ている時の目は通常よりまばたきが少なく、眼精疲労になりやすくなります。これらが長く続いてしまうことで、血行不良を起こし、肩こりに繋がっているのです。改善策として、こまめに休憩を取ることや、ストレッチで姿勢を伸ばすことなどがおすすめです。肩こりが慢性化してしまう前に、早めの肩こり対策を心がけましょう。

軽い運動でストレス解消!!

肩こりの原因として、「運動不足やストレス」も注意が必要です。どちらも、血行を悪くすることが指摘されており、慢性的な肩こりと深い関係があります。生活の中に軽い運動を取り入れることは、血行の促進だけでなく気分転換やストレスの軽減にも役立つため、積極的に取り入れましょう。運動が苦手という方も、負担の少ないウォーキングや室内でのストレッチをするだけで、肩こりの改善が期待できます。忙しく運動の時間が取れない方は、普段の生活で階段を利用したり、入浴中に首や肩を大きく回すなど、少しの時間を上手に活用しましょう。筋肉を動かし、血行を少しでもよくすることが、肩こり改善のポイントです。

肩こり 注射は痛みのポイントとなっている部分に注射をする事で血行が良くなり痛みの悪循環を和らげていきます。