ニキビ跡には種類がある

ニキビが治ったと思ったら、ブツブツと跡が残ってしまったということはないでしょうか。実は一口にニキビ跡といっても、原因によって3種類に分かれます。一つは赤みを帯びたニキビ跡、二つ目や茶色のシミのように残るニキビ跡、三つ目は凸凹したクレーター状になっているニキビ跡です。どの種類に当てはまるかによって、ケア方法が異なります。赤みを帯びたニキビ跡には赤みを帯びたニキビ跡は、その部分が炎症を起こし毛細血管の…

続きを読む

ニキビ跡には種類がある

ニキビが治ったと思ったら、ブツブツと跡が残ってしまったということはないでしょうか。実は一口にニキビ跡といっても、原因によって3種類に分かれます。一つは赤みを帯びたニキビ跡、二つ目や茶色のシミのように残るニキビ跡、三つ目は凸凹したクレーター状になっているニキビ跡です。どの種類に当てはまるかによって、ケア方法が異なります。

赤みを帯びたニキビ跡には

赤みを帯びたニキビ跡は、その部分が炎症を起こし毛細血管の赤みが透けて見えてしまっているためです。おすすめのケア方法としては、赤みの原因である炎症を抑えるビタミンC誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムなど抗炎症成分が配合されたスキンケア商品を選ぶことです。炎症を早く抑え、ターンオーバーを促して新しい肌に生まれ変わらせることが大切になります。

茶色のシミが残るニキビ跡には

茶色になったニキビ跡は、大量に発生したメラニン色素が色素沈着したことが原因です。ですから、しっかり保湿をしてターンオーバーを促すケアが必要です。また美白成分が配合されたスキンケア商品を選びましょう。ビタミンC誘導体やハイドロキノンは、できたシミを薄くする効果がある成分です。メラニンの生成を抑えるトラネキサム酸やプラセンタエキスなどの美白成分もおすすめです。

凸凹したニキビ跡には

実はクレーター状になったニキビ跡のケアは、完全に消すことが自力では難しいといわれています。できるだけ薄くするためには、保湿、美白、ターンオーバーの促進が必要です。最終手段は美容クリニックなどで行われるレーザー治療となります。それでも完全に無くすのは難しいといわれているので、凸凹したニキビ跡にまで進行しないように、初期の段階で正しいケアをするようにしましょう。

男女共通の悩みのニキビ跡、できてしまってからもポイントです。専用の洗顔料で予防する方法もありますが、できて目立たないようカバーする際にも、肌の状態を考えながらケアしましょう。